広域のニュース

海外ライターが東北発信 3カ国語サイト開設

オールアバウトが開設したインターネットサイトのトップページ

 生活総合情報サイトを運営するオールアバウト(東京)は、外国人ライターが東北の魅力を紹介する情報サイト「オールアバウト トウホク リゾーツ」を開設した。
 銀山温泉の雪景色や弘前市のアップルパイ、大館市の曲げわっぱ職人などを取り上げた約100本の記事を写真や動画とともに載せた。英語、中国語、タイ語の3カ国語対応で、外国人向けの日本情報サイト「オールアバウト ジャパン」に掲載された東北関連記事をまとめた。
 今後は、会員制交流サイト(SNS)で活躍する米国や台湾、タイなど五つの国・地域の外国人15人が新たに執筆する。東北の食、雪、祭り、温泉、自然の5テーマを取材し、印象的な景色や体験などを紹介する。1月上旬までに掲載記事を約200本に増やす。
 東北の外国人観光客の増加を目指す復興庁の「新しい東北」情報発信事業の一環で、同社が地域版の特設サイトを開設したのは東北が初めて。担当者は「外国人の目線でニーズに合った情報を発信し、東北への誘客につなげたい」と話す。


関連ページ: 広域 経済

2016年12月07日水曜日


先頭に戻る