宮城のニュース

<大郷町長選>現職の赤間氏3選立候補へ

赤間正幸氏

 来年9月の任期満了に伴う宮城県大郷町長選で、現職の赤間正幸氏(67)は7日、3選を目指して無所属で立候補する意向を表明した。
 赤間氏は町議会12月定例会の行政報告で「2期にわたり安心安全なまちづくりを進めてきたが、引き続き全力を尽くしていきたい」と述べた。河北新報社の取材に「子育て支援を柱に農業、工業、商業のバランスを取りながら定住人口を増やしたい」と話した。
 赤間氏は大郷町出身。黒川高卒。農業の傍ら町議6期。2007年7月から09年7月まで町議会議長を務め、09年8月の町長選で初当選した。
 同町長選に立候補を表明したのは赤間氏が初めて。前回(2013年)、前々回(09年)の町長選とも選挙戦になっており、今回も対抗馬擁立を模索する動きがある。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年12月08日木曜日


先頭に戻る