宮城のニュース

新聞切り抜き ギフトカードに

新聞を切って、ことばのギフトカード作りに取り組む参加者

 新聞を使った教育の取り組みを広めようと「かほくNIE工房」が3日、仙台市青葉区の河北新報社で開かれた。
 同市のNIE教育コンサルタント渡辺裕子さんの指導で、ことばのギフトカード作りを体験した。新聞の見出しや写真を切り抜き、大切な人に宛てたカードを作成した。NIEアドバイザーで仙台市若林小教頭の阿部謙さんは、児童一人一人が新聞を使う授業の実践例を紹介した。
 同社が随時開催しており、33回目。社員、教育関係者ら16人が参加した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月09日金曜日


先頭に戻る