宮城のニュース

<宮城県民会館>再整備検討 有識者会議設置へ

 宮城県議会11月定例会は8日、一般質問最終日を迎えた。老朽化が進む東京エレクトロンホール宮城(県民会館、仙台市青葉区)について、村井嘉浩知事は県民会館再整備の在り方を検討する有識者会議を来年度に設置する方針を示した。
 仙台市は新たな音楽ホール建設の可否を年度内に判断する方針。村井知事は「市との連携によるホール建設はコスト分散などを図る有効な手法」と指摘した上で、県民会館についても「市と意見交換し、双方にとってメリットのある整備を検討したい」と述べた。
 昨年5月閉館したマリンピア松島水族館(松島町)の跡地利用についても質問があった。村井知事は「民設民営が基本だが、施設整備をする際には初期投資に対する助成を検討している」との考えを示した。
 深谷晃祐(自民党・県民会議)、藤倉知格(同)、太田稔郎(みやぎ県民の声)、安部孝(自民党・県民会議)の4氏が質問した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年12月09日金曜日


先頭に戻る