宮城のニュース

<女川海ぼたる>青や白 復興進む街照らす

JR女川駅前を彩る「海ぼたる」

 東日本大震災からの復興が進む宮城県女川町のJR女川駅前で、冬の風物詩「スターダスト・ページェント2016海ぼたる」が街を華やかに彩っている。
 約4万5000個の発光ダイオード電球が輝きを放つ。駅前広場の中央には高さ7メートルのシンボルツリーが設置され、周りには青や白の光の海が広がる。
 実行委員会代表世話人の町職員中嶋憲治さん(54)は「23日には駅前の商業エリアに物販飲食施設『ハマテラス』が開業する。きれいなイルミネーションで来訪者を迎えたい」と意気込んでいる。
 海ぼたるは住民有志が1998年に始め、今年は4日から点灯。震災後は復興工事の影響で場所を変えて開催し、昨年から同駅前で実施している。
 点灯は1月6日までの午後4時半〜10時半。12月31日は元日の日の出まで実施する。


2016年12月09日金曜日


先頭に戻る