宮城のニュース

<コボスタ>まばゆい光の世界 幻想的

球場をきらびやかな光で彩るイルミネーション

 プロ野球東北楽天の本拠地、楽天Koboスタジアム宮城(仙台市宮城野区)内のスマイルグリコパークで8日、約15万個の発光ダイオード(LED)を使ったクリスマスイルミネーションの点灯式があった。
 今季整備した公園を使った初の取り組み。高さ14メートルのクリスマスツリーが応援歌に合わせて色を変えたり、水族館をイメージした光のトンネルが設けられたりと、まばゆい光の世界に包まれた。
 参加した堀内謙伍選手は「寒さを忘れるくらい素晴らしい」とPR。装飾を担当した菊田陶業(青葉区)の菊田浩之社長は「オフも球場で楽しんでほしい」と呼び掛けた。
 会期は9〜25日の午後5〜9時。入場無料だが、乗り物は有料。観覧車やメリーゴーラウンドも運行する。


2016年12月09日金曜日


先頭に戻る