宮城のニュース

<ベガルタ>蜂須賀と契約更新

 J1仙台は8日、DF蜂須賀孝治(26)=180センチ、77キロ=と来季の契約を更新したと発表した。また、DF渡部博文(29)=186センチ、80キロ=がJ1神戸に完全移籍すると発表した。
 蜂須賀は2013年、仙台大から仙台に入団。今季は8月に疲労骨折した左くるぶし付近の手術を受けた影響で、リーグ戦9試合、YBCルヴァン・カップ5試合の出場にとどまった。
 渡部は15年にJ1柏から完全移籍で加入し、入団直後からセンターバックとして活躍した。今季はリーグ戦33試合出場で3得点、YBCルヴァン・カップ3試合、天皇杯1試合に出場。
 渡部はクラブを通じて、「東北(長井市)出身のJリーガーとして、東北を愛する思いは変わらない。難しい選択だったが、自分の年齢を踏まえて、移籍を決断した。仙台での2年間は財産で、感謝の気持ちでいっぱい」とコメントした。


2016年12月09日金曜日


先頭に戻る