宮城のニュース

体験型日帰り観光プランで亘理の魅力楽しむ

ポスターを手に亘理観光をPRする関係者

 宮城県亘理町の民宿や果樹園が連携し、地域の魅力を楽しんでもらう体験型の日帰り観光プランが17、18の両日実施される。民宿と果樹園1カ所以上を周遊。東日本大震災からの地域経済の復興を目指し亘理山元商工会が企画した。
 プランに参加するのは民宿「浜まつ」、高野りんご園、亘理アセロラ園。浜まつでは旬の魚を使った「荒浜御膳」を味わう。
 りんご園ではもぎ取り体験と試食、アセロラ園では果実やアセロラジャムなどの試食ができる。両果樹園では、それぞれ果実がなるまでを紙芝居で学ぶ食育体験も行われる。
 商工会経営指導員の佐藤良一さん(36)は「民宿や果樹園の連携を進め、観光客に多彩な体験型・滞在型観光を楽しんでもらえるようにしたい」と話す。
 両日とも先着5組(1組2人以上)限定。料金は浜まつが1980円、果樹園は各1000円(お土産付き、小学生以下無料)。現地集合で、開催日の3日前までに申し込む。
 連絡先は浜まつ0223(36)9711。


関連ページ: 宮城 経済

2016年12月11日日曜日


先頭に戻る