宮城のニュース

ひらめきや感性を絵画や五行歌に 美里で「ばら時間」展

五行歌や塗り絵の体験もできる「ばら時間」展

 ひらめきや感性を大事にした創作を展示する「ばら時間」展が、JR小牛田駅の美里町総合案内所で開かれている。15日まで。
 宮城県美里町のカラーカウンセラー早坂美名子さん(66)が代表を務める「大いなる翼プロジェクト」主催。早坂さんがパソコンで描いたイラスト、大崎市のアロマコーディネーター氏家恵子さん(57)の五行歌など、プロジェクトに加わる6人の約50点を展示している。
 「ばら時間」は仕事を離れ、創作に打ち込む時間。美しいバラに例えて名付けた。早坂さんと氏家さんは「誰もが内に持つ感性で作った作品ばかり。心地よく感じてもらえればうれしい」と話す。
 入場無料で午前10時〜正午、午後1〜4時。12日は休み、15日は正午まで。連絡先は町総合案内所0229(31)1801。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月11日日曜日


先頭に戻る