宮城のニュース

<常磐線>りんごラジオ 一番列車生中継

一番列車の発車を前に、山下駅でインタビューをする高橋さん(右)
ホームを出発する仙台行きの一番列車=10日、山元町のJR山下駅

 JR常磐線が宮城県内で全線再開した10日、二つの新駅が開業した宮城県山元町では、住民らが東日本大震災で途切れた鉄路の復旧を喜んだ。一方で、変貌する街の姿に不安の声も漏れた。
 「5年9カ月ぶりの開通です。どんな思いですか」
 一番列車を送り出すJR常磐線山下駅ホーム。宮城県山元町の臨時災害FM局「りんごラジオ」の高橋厚局長(74)が親子連れに、インタビューをしていた。すぐそばでは、妻の真理子さん(67)がにぎわう駅の様子をラジオで生中継していた。
 「この瞬間を伝えるために今年も続けてきた」と高橋さん。りんごラジオは震災直後に開局し、放送を続けてきた。
 高橋さんは元東北放送アナウンサー。震災直後は電気や水道などの状況を落ち着いた声で発信。ライフラインが復旧すると避難所や仮設住宅の住民をスタッフとともに取り上げてきた。
 2年前、危機が訪れた。2014年12月、脳内出血で倒れた。大黒柱の不在にスタッフだった真理子さんは閉局も考えた。しかし、高橋さんが継続を望み、真理子さんが局長代行に就いた。言葉が出にくくなる後遺症を抱えながら、高橋さんは昨年7月に復帰した。
 今年3月、放送免許期限を迎えた時は、高橋さんが町に1年間の継続を訴えた。「常磐線再開で復興に大きな弾みがつく。そこまでは続けたい」。その一念でマイクに向かい続けた。
 「小さなラジオですけど、この日を伝えられて良かった」と高橋さん。
 放送免許は来年3月まで。「鉄道がつながれば、町に気軽に来られるようになる。これからいい町になりますよ、と伝えていきたい」と声に力がこもった。


2016年12月11日日曜日


先頭に戻る