宮城のニュース

<常磐線>浜の願い乗せ再出発

朝日を浴びながら高架式の線路を走るJR常磐線の列車。沿線も復興が進み、新たな市街地が形成されてきた=10日午前7時10分ごろ、宮城県山元町

 東日本大震災で被災したJR常磐線相馬(福島県相馬市)−浜吉田(宮城県亘理町)間が10日、運行を再開した。震災から5年9カ月、宮城と福島の沿岸を結ぶ列車が、復興への希望を乗せて走り始めた。
 一番列車のセレモニーは宮城県山元町の山下駅で開かれた。午前5時42分に仙台行きの下り列車が出発すると、ホームの約150人が小旗を振って見送った。同駅では町主催の記念式典もあり、宮城県の村井嘉浩知事が「再開が地域活性化につながることを心から期待する」と祝辞を述べた。
 新地駅(福島県新地町)でも式典が開かれ、安倍晋三首相やJR東日本の冨田哲郎社長が来賓として出席。テープカットで運行再開を祝った。
 再開区間は23.2キロ。津波で大きな被害を受けた駒ケ嶺(同)から浜吉田の線路14.6キロと、新地、坂元(山元町)、山下の3駅を内陸に移設した。


2016年12月11日日曜日


先頭に戻る