宮城のニュース

<常磐線>始まる古里の夜明け

<走る>朝焼けの中、大勢の利用客を乗せた列車が高架式の線路を走った=午前6時10分すぎ、宮城県山元町

 待ち望んでいた鉄路が復活した。東日本大震災で被災したJR常磐線で、相馬(福島県相馬市)−浜吉田(宮城県亘理町)間の運行が10日に再開された。
 震災から5年9カ月。沿線では新たなまちづくりが進み、走り抜ける列車の姿に住民は復興の一歩をかみしめた。


2016年12月11日日曜日


先頭に戻る