宮城のニュース

河北賞受賞者の熊谷さんら表彰 小中学生書道展

賞状を贈られる熊谷さん

 仙台市内で開催中の河北新報小中学生書道展(河北新報社主催)の表彰式が10日、会場の宮城野区のTFUギャラリーMini Moriで行われた。
 上位入賞者13人のうち、最高賞の河北賞に選ばれた岩沼市岩沼西中2年の合川礼菜さん(14)ら11人に賞状と記念の盾が贈られた。
 同じく河北賞の登米市宝江小5年熊谷帆乃佳さん(11)は、書道歴2年での快挙。「文字がきれいに収まるように工夫した。受賞を励みに、いろいろな字を書きたい」と話した。
 審査委員長で河北書道展企画会議議長の大友青陵さんは「古典をじっくり学び、字の基本を自分のものにして頑張ってほしい」と激励した。
 今回初めて紙上書道展の入賞作を展示。上位賞13点、金賞50点、銀賞303点、銅賞670点が並ぶ。11日までで午前10時〜午後5時。入場無料。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月11日日曜日


先頭に戻る