秋田のニュース

<ポインセチアタワー>冬彩る真っ赤な贈り物

ポインセチアタワーの前で記念写真を撮る親子連れ

 鉢植えのポインセチアを使った高さ4メートルの「ポインセチアタワー」が、秋田県潟上市昭和豊川のブルーメッセあきたで展示されている。2017年1月下旬まで。
 地元農家が栽培した葉の色や大きさが異なる3品種、計1000株を組み立てた。頂点に高さ2.5メートルのサンタクロースが載る。年末に正月版、年明けには冬版へ飾り付けを変える。
 タワーの前では、訪れた家族連れが記念撮影をするなどして楽しんでいる。同市追分小2年山崎陽愛(ひな)さん(8)は「ポインセチアの色や飾りがきれいだった」と話した。
 開館時間は午前9時〜午後6時。連絡先は道の駅しょうわ018(855)5041。


関連ページ: 秋田 社会

2016年12月10日土曜日


先頭に戻る