宮城のニュース

<B1仙台>片岡、19得点4アシスト

 仙台の片岡が19得点、4アシストと奮闘した。それでも、第4クオーター終盤の要所でゴール近くに攻め込むスペースがありながらパスを選択したプレーを挙げ、「何点取ったか以上に、攻めるべき場面で攻められなかったことが心残り」と振り返った。
 第3クオーターまでは、中に走り込んでパスを受ける動きや、ドリブルからのジャンプシュートで相手を翻弄(ほんろう)。しかし、最終クオーターは「相手にこちらの攻撃を読まれたとき、その裏を突くことができなかった」。
 チームは泥沼の12連敗。片岡は「次こそ次こそと(言ってばかりで)恥ずかしいが、前を向くしかない」と厳しい表情で語った。


2016年12月13日火曜日


先頭に戻る