宮城のニュース

<B1コートサイド>先輩の情熱も引き継ぐ

背番号5を付け奮闘する柳川=9月、船橋アリーナ(Bリーグ提供)

 仙台2季目、25歳の柳川龍之介の背番号が今季、31から5に変わった。5は名を上げた白鴎大時代に付けていた。リーグガイドブックに掲載されている背番号の由来には「5番が好きだから」とある。実はそれだけではない。
 bjリーグの昨季、仙台の背番号5は29歳の田中亮(現B2愛媛)だった。出場時間はほとんど得られなかった田中だったが、連日懸命に個人練習に打ち込んだ。昨季後半、一緒にトレーニングすることが多かった柳川は「田中亮さんみたいに情熱を持ち、ストイックになりたい」と思ったという。
 背番号5を引き継ぎたいと申し出た柳川。田中は快諾し、愛媛で柳川の31を付けると応えた。愛媛には既に31の選手がいたため今季も5を着けているが、活躍を誓い合った2人の思いは変わらない。尊敬する先輩との約束が、B1で戦う柳川の原動力の一つになっている。


2016年12月13日火曜日


先頭に戻る