山形のニュース

<児童買春>村山市議辞職へ

 児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで逮捕、送検された僧侶で山形県村山市議の長谷川元・容疑者(43)=村山市楯岡楯=が12日、市議会の森一弘議長に辞職願を提出した。14日の12月定例会本会議で、許可される見通し。
 森議長が12日開かれた市議会全員協議会で、辞職願が提出されたことを報告した。理由は「一身上の都合」としている。長谷川容疑者は逮捕後、弁護士に対して「けじめをつけたい」と話していたという。
 協議会後、森議長は「(辞職は)もう少し早くても良かったのかなとも思う。議会人という自覚を持ち、気を引き締めるよう議会の中で共有していきたい」と話した。


関連ページ: 山形 社会

2016年12月13日火曜日


先頭に戻る