宮城のニュース

イチョウの幹からケヤキ ベール脱ぎVサイン

 ◇…イチョウの幹に別種の木を接いだような珍しい街路樹が、仙台市青葉区上杉の勝山公園の脇に立っている。落葉のため姿を現し、通行人の目を引く。
 ◇…「接ぎ木」は高さ5メートルのくぼみからV字形に伸びる。ツルツルした樹皮に特徴があり、ケヤキらしい。種子が風で飛ばされ、自然に根付いたようだ。
 ◇…今冬、ペンとパイナップルをくっつけたピコ太郎さんの曲が大ヒット中。イチョウとケヤキも「くっつき遊び」をしながらVサインをしているのかも。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月14日水曜日


先頭に戻る