福島のニュース

<幸楽苑>異物混入防止へ危機管理室新設

 幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市)は13日、静岡市内の店舗で提供したラーメンに指の一部が混入していたことを受け、危機管理室を15日付で新設すると発表した。
 危機管理室は3人でスタートし、武田典久専務が室長に就く。再発防止策の策定と実現を進め、異物混入を防ぐ方策などを検討するとともに、問題が発生した際はいち早く対応できるようにする。


関連ページ: 福島 経済

2016年12月14日水曜日


先頭に戻る