宮城のニュース

<仙台市交通局>旧荒浜小前にバス停新設へ

 仙台市交通局が来年4月の市バスのダイヤ改正で、東日本大震災で被災した旧荒浜小(若林区)前にバス停を新設することが14日、分かった。震災で運行休止中の他の区間は廃止する。近く詳細を公表する。
 現在は南長沼が発着点の深沼線を、旧荒浜小前まで約400メートル延ばす。市は震災遺構として校舎の活用を決めている。一方、津波被災で休止中の蒲生線の白鳥2丁目−蒲生間、深沼線の荒浜新2丁目−深沼間、井土浜線の中野−閖上間は運行の見込みが立たないため廃止する。
 折立・茂庭台線は災害公営住宅入居者の利便性向上のため、茂庭台1丁目南のバス停を降車専用で新設する。工学部・宮教大線の八木山動物公園駅−成田山間は利用が少ないため廃止する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る