宮城のニュース

<イノアック>住宅建材や車部品製造 栗原に進出

 住宅用建材、自動車用部品などを開発・製造するイノアック(名古屋市)が、宮城県栗原市築館に東北工場を新設する方針を固めたことが14日分かった。近く正式発表する。
 関係者によると、築館工業団地約14ヘクタールのうち、分譲されている約12ヘクタールを全て取得する予定。住宅用の断熱材を主に製造する。同社は自動車に使用するゴム製品も手掛けている。
 今回、東北自動車道に近接する立地の良さや必要面積が効率的に取得できる点が評価されたとみられる。
 同社の国内工場と事業所は愛知や岐阜、熊本各県などに15カ所あり、宮城、岩手両県にはグループ会社「東北イノアック」の3工場がある。


関連ページ: 宮城 経済

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る