宮城のニュース

<八木山動物公園>チンパンもう逃がさない

 仙台市は八木山動物公園で4月に起きたチンパンジー脱走を踏まえ、改修していたチンパンジーの屋外展示場を来年1月下旬に再開する方針を決めた。
 市は10月から、屋外展示場と観覧場を隔てる堀の幅を広げるなど脱走防止のための工事を実施。今月26日に完了予定で、屋外展示場にチンパンジーが慣れてから公開する。
 また、市が園内に整備している「ふれあい施設」の開場を来年7月上旬と決めた。展示動物はカピバラ、ヤギ、ヒツジ、オウム、ウサギなど。飲食物販棟は4月に先行オープンする。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る