青森のニュース

絶滅危惧種「フサタヌキモ」青森で発見

フサタヌキモの標本を持つ発見者の渡辺さん=14日、弘前市みどりの協会

 環境省のレッドデータリストで絶滅危惧種とされる日本固有種の水草「フサタヌキモ」が青森県津軽地方のため池で見つかった。青森県では絶滅野生生物とされており、県内で生育が確認されたのは約50年ぶり。
 一般財団法人弘前市みどりの協会が14日、発表した。臨時職員の渡辺宏巳さん(51)が、7月中旬にアクアリウム用の水草を採集中、ため池でフサタヌキモとみられる水草を見つけた。水草を研究する角野康郎・神戸大教授が鑑定し、9月中旬までに確認された。
 見つかったフサタヌキモは長さ約30センチで、数本が数メートルにわたって重なり合いながら浮かんでいた。渡辺さんは「偶然見つけたものが珍しい植物だったというので驚いた」と話した。
 協会は保護の観点から詳細な発見場所を公表していない。今後、保全について関係者と協議する方針。
 フサタヌキモは水中、水面を浮遊するタヌキモ科タヌキモ属の多年生の食虫植物。プランクトンを捕らえる「補虫嚢(のう)」が他のタヌキモ属の植物と比べて少なく、花冠が開かない閉鎖花を持つ。本州に分布するが、環境省のリストで近い将来絶滅の危険性が高い絶滅危惧種IB類に分類される。


関連ページ: 青森 社会

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る