山形のニュース

<肘折温泉>1泊3食3000円 格安冬湯治

肘折温泉=2009年11月、山形県大蔵村

 湯治の魅力を広く知ってもらおうと、山形県大蔵村の肘折温泉にある18軒の旅館が来年1月11日〜2月28日、格安の宿泊特別企画を初めて実施する。1人1泊3食付きで3000円からという設定で、湯治ファンの拡大と冬場の集客増を狙った取り組みだ。
 企画は「冬湯治体験Go!Go!(550)プラン」と銘打ち、先着延べ550泊分を用意した。1人3泊まで割り引きの対象とする。
 特典を受けられるのは、真冬(1〜2月)の肘折温泉に来るのが初めてで、湯治を希望し、体験アンケートに協力してくれる人。村診療所の温泉療法専門医が、体に合った入浴の仕方などを教えてくれる「温泉ドクターアドバイス」(2月4、18、25日に実施)を受けられる人を優先する。
 1人当たりの宿泊料金(1泊2食または3食付き)は、トイレ共同の部屋が1泊の場合で3000円、2泊で計4000円、3泊は計3000円。トイレ付きの部屋は1泊5000円、2泊8000円、3泊9000円。宿泊日数が多くなると1泊当たりの料金が安くなる。子ども(小学生)料金は大人の70%。
 日帰り温泉施設などを運営する肘折温泉郷振興の社長で、プランを企画した木村裕吉さん(60)は「普段の忙しい仕事や家事を離れ、ゆっくりと体をいたわり、英気を養う湯治の良さを感じてほしい」と話す。
 申し込みは12月17日から受け付ける。連絡先は肘折いでゆ館0233(34)6106。


関連ページ: 山形 経済

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る