広域のニュース

<トヨタ>初の小型SUV 東北から加速

発表会でお披露目されたC−HR

 トヨタ自動車は14日、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C−HR」を発売した。同社が初投入する小型SUVの世界戦略車で、国内向けはトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)が岩手工場(岩手県金ケ崎町)で全車両を生産する。
 ハイブリッド車(HV)と排気量1200ccのガソリン車の2種類で、価格はHVが約265万円から、ガソリン車が約252万円から。SUV人気の高まりで発売前から注目され、販売目標の月6000台に対し、先行予約で既に約2万9000台を受注した。
 個性的なデザインと優れた運動性能、操縦安定性などが特徴。HVの燃費性能は、小型SUVでトップレベルのガソリン1リットル当たり30.2キロになるという。
 トヨタ東日本本社であった発表会で、同社技術統括部製品企画室の高村進主査は「SUVはデザインが重視される。デザイナーの思いをほぼ変えずに形にできた」と語った。
 宮城トヨタ自動車(仙台市)の後藤誠社長は「SUV市場をさらに活性化させるだろう。岩手工場の稼働が活発になれば、東北でも部品メーカーなどの裾野が広がる」と歓迎した。


関連ページ: 広域 経済

2016年12月15日木曜日


先頭に戻る