宮城のニュース

<政活費>気仙沼市議会 ネット公開決定

 宮城県気仙沼市議会は15日、政務活動費(政活費)の収支報告書や領収書を本年度分からインターネットに公開すると正式決定した。政活費を使った視察報告書も公開し、来年5月ごろから市議会ホームページ(HP)で閲覧できるようにする。11月の議会改革調査特別委員会の運営小委員会で方針を固め、この日開かれた特別委で正式決定した。
 市議会は政活費の資料をネット公開せず、窓口での閲覧も認めていなかったため、閲覧や入手には情報公開請求をする必要があった。支給額は議員1人当たり月額1万円。熊谷伸一議長は「使途を明確にし、東日本大震災からの復旧復興により努める」と述べた。
 県内で政活費を支給している13市のうち、領収書までネット公開するのは白石市に次ぎ2例目。県議会も政活費の不正問題を受け、2017年度分の領収書からネット公開を決めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年12月16日金曜日


先頭に戻る