山形のニュース

<政活費不正>HPでの公開領収書対象外

 政務活動費(政活費)の不正支出で議員が辞職した問題を受け、山形県議会政活費等検討委員会は15日、再発防止に向けて「政務活動費の手引」の一部改正を提言する報告書を取りまとめた。ホームページ(HP)上での公開は収支報告書のみとし、領収書は対象に含まない。
 HP上で公開される収支報告書の対象は2016年度分から。四半期ごとの領収書の提出、活動内容を証明する写真や資料の添付を求めるなど4項目の改正を促した。
 HP上での領収書公開は、他県の状況を踏まえて検討していく。今後、野川政文議長に報告書を提出し、12月中に正式決定する。
 一方、共産党山形県議団は同日、飲酒を伴う会合への政活費の支出を禁止することなどを野川議長に申し入れた。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年12月16日金曜日


先頭に戻る