山形のニュース

<モンテ>木山新監督「J1昇格は必須」

J1昇格に向けた決意を語るJ2山形の木山新監督

 J2山形の新監督に決まった木山隆之(たかし)氏(44)が15日、天童市のNDソフトスタジアム山形で記者会見し、「J1への昇格は必須だ。ファンとともに昇格、そして定着の夢を追いかけ、強いチームをつくっていきたい」と抱負を語った。
 木山監督は、昨季11勝14分け17敗で14位に低迷した山形について「力のある選手が多く、攻撃のスピード感や迫力を感じた」と評価。一方で「チームとしての力が出し切れていなかった印象がある。若手の秘めている能力も高く、もっと引き出せるのではないかと思っていた」と語った。
 木山氏は兵庫県伊丹市出身。伊丹西高、筑波大を経て、JリーグG大阪や札幌などでプレー。その後、J2の水戸、千葉の監督などを歴任。15年、愛媛の監督に就任して1年目に、クラブ初となるJ1昇格プレーオフへと導いた。契約期間は2017年2月1日から2年間。


2016年12月16日金曜日


先頭に戻る