広域のニュース

<原発避難集団訴訟>8世帯いじめ経験

 東京電力福島第1原発事故で福島県からの避難者が国と東電に損害賠償を求めて横浜地裁に提訴した集団訴訟で、弁護団が原告61世帯を調査した結果、小中高生がいる約30世帯のうち8世帯が通学先で子どもがいじめられた経験があると回答したことが15日、関係者への取材で分かった。
 関係者は「『避難といじめの因果関係は分からない』と話す世帯もある」とした上で「いじめられたことを話したがらない子もいる。実際にはもっと多いのではないか」と指摘している。
 調査は、福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒(13)が名前に「菌」を付けて呼ばれるなど、避難直後からいじめられていた問題を受けて実施。8世帯が暴言を吐かれたり、たたかれたりした経験があると答えた。
 このうち、福島市から川崎市へ自主避難した高校2年の男子生徒は川崎市立中学校に在籍中、「近づくな」と避けられたり「福島県民はばかだ」と言われたりするいじめを受けたと訴えている。
 調査で弁護団は「学校になじめない」「友達ができない」などの回答はいじめとして扱わず、明らかにいじめと受け取れるケースを集計。他に、大人が避難後の職場で無視されたなどの事例も報告された。


2016年12月16日金曜日


先頭に戻る