宮城のニュース

<ノロウイルス>黒川郡小学校で236人感染

 宮城県は16日、黒川郡内の小学校で児童ら236人がノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎に集団感染したと発表した。重症者はいない。県によると、11月14日に児童7人が嘔吐(おうと)や腹痛などを訴え、他の児童や職員に症状が広がった。塩釜保健所黒川支所の調査で児童からノロウイルスが検出された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月17日土曜日


先頭に戻る