宮城のニュース

<ノロウイルス>仙台の小学校90人が感染

 仙台市は16日、若林区の小学校で、ノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の集団感染があったと発表した。11月21日〜12月15日に児童88人と職員2人が腹痛や嘔吐(おうと)などの症状を訴えた。重症者はいない。市内の9月以降の感染性胃腸炎集団感染は計99件。46件だった昨季(昨年9月〜今年8月)の2倍を超えた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月17日土曜日


先頭に戻る