宮城のニュース

ラ・フランス食べ頃だよ 天童から復興支援

生産者からラ・フランスを受け取る子どもたち

 天童市観光果樹園連絡協議会の「ラ・フランスPRキャラバン」が14日、同市と友好都市を結んでいる多賀城市を訪れ、保育所の子どもたちに食べ頃のラ・フランスをプレゼントした。
 鶴ケ谷保育所(80人)には協議会メンバーの生産者ら4人が訪問。「おいしいラ・フランスを食べて、家族に教えてください」と手渡した。子どもたちは歌や鍵盤ハーモニカの演奏で感謝の気持ちを伝えた。
 佐藤琉星君(6)は「初めて食べた。ふしぎな味でおいしかった」と喜んでいた。天童市は東日本大震災の復興支援で、2012年度から多賀城市に果物を送っている。


2016年12月18日日曜日


先頭に戻る