宮城のニュース

<仙台L>きょう皇后杯 準々決勝

 サッカー女子、なでしこリーグの仙台レディース(仙台L)は16日、仙台市の泉サッカー場で、ノジマステラ神奈川相模原と対戦する皇后杯準々決勝(17日19時・ユアスタ仙台)に向けて約1時間、最終調整した。先発が予想されるFW小野、MF嘉数らがボール保持やシュートの練習に汗を流した。
 ノジマステラ神奈川相模原は今季、なでしこリーグ2部を14勝4分けと無敗で制して1部昇格を決めた。皇后杯では初戦の2回戦で早大を3−2、3回戦はなでしこ1部の岡山湯郷(来季2部降格)を3−1で破って勢いづく。FWの南野、パオらに得点力がある。
 仙台Lの千葉監督は「相手は力があるチームだと思うが、相手の強みを消しながら(仙台が所属する)1部と2部の違いを見せたい」と意気込んだ。

<DF坂井、今季初先発へ>
 DF坂井の皇后杯での今季初先発が濃厚となった。「スタートから出られたら、(これまで先発できなかった)悔しい気持ちをぶつけたい」と意気込む。
 スピードとパワーに定評がある右サイドバック。サイドを駆け上がる推進力は相手の脅威となる。千葉監督からも「積極的に仕掛けていい」と言われてきており、期待に応える準備はできている。
 千葉監督は今大会限りでの退任が決まっている。「感謝の気持ちを込めて戦い、一試合ずつ勝って、最後は胴上げする気持ちで挑んでいきたい」と話した。


2016年12月17日土曜日


先頭に戻る