山形のニュース

不祥事続発受け法令遵守委設置 山形県教委

 教員の相次ぐ不祥事を受け、山形県教委は16日の県議会文教公安常任委員会で「県教職員法令遵守(じゅんしゅ)委員会」を来年1月に設置する方針を示した。教員への啓発や採用方法、研修体制の整備などを検討する。
 遵守委は大学関係者や県PTA連合会代表、臨床心理士ら12人前後で構成する。各年度に2回、定例の会議を開催。6月に前年度の不祥事防止策を検証し、2月に次年度へ向けた対策を示す。わいせつやセクハラなどの事案が起こった場合、特別部会を設ける。
 広瀬渉教育長は「県民の信頼を損ね、危機感を持っている。早急に信頼回復できるよう取り組みたい」と話した。
 県内では教職員の不祥事が続き、11月19日には鶴岡市朝暘三小の教師が女子トイレで盗撮した疑いで、12月1日には山辺町山辺小の常勤講師が児童買春容疑で、それぞれ逮捕された。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年12月17日土曜日


先頭に戻る