宮城のニュース

<泉高原スキー場>夜空の下 滑り満喫

今季初のナイター営業を楽しむスキーヤーら=17日午後5時25分ごろ、仙台市泉区のスプリングバレー泉高原スキー場

 仙台市泉区のスプリングバレー泉高原スキー場が17日、今季初めてナイターで営業した。雪が降りしきるあいにくの天候だったが、大勢のスキーヤーやスノーボーダーらでにぎわった。
 天然雪と人工降雪機により積雪は約30センチ以上。スキー場営業企画課の担当者は「これからが本番。今季は昨季より2000人多い来場8万人を目指す」と話している。
 同スキー場は雪不足のため、今季のオープンが8日から14日にずれ込んだ。ナイター営業は午後10時まで。次回は23日。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月18日日曜日


先頭に戻る