宮城のニュース

<仙台L>2ゴールで貫禄示す

仙台L―神奈川相模原 後半39分、ゴールを決め、浜田(左)と喜び合う仙台L・北原

 選手たちが「違いを見せたい」と口をそろえていた一戦。仙台Lが、なでしこ1部の貫禄を見せた。2部を負けなしで制し、1部昇格を決めた神奈川相模原を終始攻め続け、無失点で勝利した。
 前半からセンターバックの北原が果敢に前に出てシュートすれば、2トップの一角の浜田も遠めから狙う。攻めの姿勢が実を結んだのは23分。中野のシュートが相手選手に当たったこぼれ球を浜田が直接右足で蹴り込み先制した。
 敵が反撃に出た後半はやや苦しんだが、39分に貴重な追加点が生まれた。「(中野)真奈美さんがいいボールをくれた」と北原が頭で合わせてネットを揺らした。28歳の誕生日を自ら祝い、「オフの(6週間の)期間、自分のプレーを出すよう意識してきた」成果を体現。守備の要としてもピンチの芽を摘んだ。
 チーム発足時から指導した千葉監督、正木コーチにとって最後の大会。「ユアスタで2人と試合をするのは最後。勝ちたかった」(浜田)という思いも後押しした。
 3年連続となる準決勝の相手は、昨年敗れ、今季リーグ戦1分け1敗のINAC神戸。「厳しい戦いになるが、我慢強く守り、速い攻撃を見せて勝ちたい」(北原)。初の決勝進出、タイトル奪取へ思いは一つだ。
(加藤伸一)


2016年12月18日日曜日


先頭に戻る