山形のニュース

<山形知事選>吉村氏陣営 全党推薦要請を断念

 任期満了に伴う山形県知事選(来年1月5日告示、22日投開票)で、3選を目指して立候補を表明している現職の吉村美栄子氏(65)の陣営は17日、山形市内で総合選対本部会議を開き、県議会に議席のある5政党全てに対して行う方針だった推薦要請を一転して見送ることを決めた。推薦を要請しても自民党県議に支援の輪が広がる見通しが立たないことや、自民党への推薦要請見送りを求める共産党の意向にも配慮した。
 選対会議で、副選対本部長の岡田新一連合山形会長が「県民党として全ての政党に推薦要請を出さないことにするので確認をしてほしい」と報告。出席者から異論は出なかった。
 岡田副選対本部長によると、17日朝に選対幹部と支援県議が協議し、推薦要請の見送りを決定。その後、吉村氏と連絡を取り、了承を得たという。
 陣営幹部によると、自民党に推薦を要請しても、既に吉村氏支持を明確にしている4人の県議以外に自民党内で支援は広がらないと判断した。
 知事選を前に、吉村氏が14日、各党にあいさつ回りした際、共産党県委員会が自民党への推薦要請を見送るよう求め、応じない場合、対立候補擁立を検討する考えを示したことも方針転換の要因の一つとなった。
 2009年、13年の山形県知事選で、吉村氏は政党に推薦を要請しなかった。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年12月18日日曜日


先頭に戻る