宮城のニュース

<塩釜亘理線>かさ上げ県道 一部開通

かさ上げされた県道を走るダンプカーや乗用車

 東日本大震災で被災した宮城県岩沼市沿岸部で、市が津波の多重防御の一つとして整備中のかさ上げ道路のうち、県道塩釜亘理線に接する区間が完成し、19日、車両の通行が始まった。かさ上げ道路の開通は、県道塩釜亘理線と市が整備する市道を含めて初めて。
 開通したのは同市寺島新野中の800メートル分。2014年12月着工で、2.5メートル盛り土し、海抜は4メートルで道幅は最大17メートル。午後2時に現行道路から新しいかさ上げ道路へと通行が切り替えられ、復興事業に当たるトラックや一般車両が次々と通過していった。開通区間は県道に組み込まれた。
 市の高橋伸明建設部長は「まだ一部だが、内陸側に津波が到達しない最終ラインがようやくできた。道路が完成して終わりでなく、どうして造られたのかを後世に伝えてきたい」と話した。
 市内では6.4キロで市道のかさ上げ工事を実施中で、17年秋の利用開始を見込む。県道塩釜亘理線は仙台市内の約10キロでも、かさ上げ工事が進められている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月20日火曜日


先頭に戻る