広域のニュース

<原発避難いじめ>横浜集団訴訟の2人不登校

 東京電力福島第1原発事故で福島県からの避難者が国と東電に損害賠償を求めた横浜地裁集団訴訟の原告8世帯にいじめ被害を訴える子どもがいた問題で、うち2世帯の子ども2人が不登校になっていたことが19日、分かった。弁護団が記者会見し明らかにした。
 弁護団によると、訴訟資料や聞き取りを基に原告61世帯を調査。小中高生がいた29世帯のうち8世帯9人が小中学校に在籍中、同級生や上級生から「福島へ帰れ」「絶対にいじめてやる」と暴言を吐かれたり、暴行を受けたりしたと訴えた。
 このうち母親とともに避難し2011年4月に横浜市の小学校へ入学した男児は、友達ができずいじめを受けて不登校になったとしている。不登校になったもう一人について、弁護団はいじめの内容を明らかにしていない。


2016年12月20日火曜日


先頭に戻る