宮城のニュース

<冬至>低い太陽長〜い影 晴れやか

冬至の日差しで長い影ができた=21日午前8時40分、仙台市青葉区のJR仙台駅前
冬至を迎え太陽光が斜めに指し、通勤客の影の長さも増した=21日午前8時20分ごろ、仙台市青葉区中央の仙台駅

 21日は「冬至」。昼の長さが1年で最も短くなる。仙台の日の出は午前6時49分だった。日の入りは午後4時20分。宮城県内は広く高気圧に覆われ、晴れ間が広がった。
 仙台市青葉区のJR仙台駅前では、低い位置から太陽が行き来する人たちを照らし、足元から長い影が伸びていた。
 仙台管区気象台によると、仙台の朝の最低気温は11月中旬並みの4.2度で平年より3.9度高かった。22日の県内は曇りで、午後は次第に雨の降る所が多くなる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月21日水曜日


先頭に戻る