宮城のニュース

育児と介護の両立「ダブルケア」考えて

子育てと親の介護の両立を考えたセミナー

 ソニー生命保険(東京)は13日、子育てと親の介護に同時に携わる「ダブルケア」について考えてもらうるセミナーを、仙台市青葉区の子育て支援施設「のびすく仙台」で開いた。
 子育て中の母親9人と子どもたちが参加。同社のライフプランナー古川昭浩さん(48)は「出産年齢の高齢化でダブルケアは誰にでも起こりうる。両親を含めた家族同士であらかじめ話し合うことが大事だ」と呼び掛けた。
 母親たちは子どもや両親の年齢を年表に記入し、子育てが終わったり親の介護が必要になったりする時期を予想。参加者からは「ダブルケアのタイミングが意外と早く訪れる」「教育や介護による支出が増え、収入とのバランスが崩れそうだ」などの感想が出た。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月22日木曜日


先頭に戻る