秋田のニュース

<鹿角運転手強殺>被告に無期懲役判決

 秋田県鹿角市の道の駅駐車場で昨年9月、同市花輪、タクシー運転手田中義次さん=当時(66)=を強盗目的で殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた同市花輪、無職東屋仁被告(56)の裁判員裁判で、秋田地裁は20日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 三浦隆昭裁判長は、強盗目的で襲い、その後に車で故意にひいたと認定し「強固な殺意に基づく極めて残忍な犯行。動機は生活に困窮したためで、身勝手で短絡的」と述べた。
 弁護側は強盗殺人罪を否認し、殺人罪を適用して懲役14年の判決を求めていた。控訴を検討するという。
 被害者の長女は「父や家族の無念が消えることはないが、事実が認められ、ありがたく思う。被告は自分が犯した罪と向き合ってほしい」との談話を出した。
 判決によると、被告は昨年9月5日夜、金品を奪う目的で田中さんのタクシーに乗車し「道の駅かづの」駐車場まで走らせた後、小刀を突き付けて脅迫。抵抗されたため胸や腹などを刺して殺害し、車外に倒れていた田中さんを自らの乗用車でひいた。


関連ページ: 秋田 社会

2016年12月21日水曜日


先頭に戻る