宮城のニュース

<気仙沼大島>診療所医師を募集

 宮城県気仙沼市は21日、離島・大島にある公設民営の診療所「大島医院」の医師が来年3月で退任する意向を示したのに伴い、後任の開業医1人の募集を始めた。
 専門は内科医などで、年齢は問わない。診療所の土地や建物、設備、住宅を無償貸与する。期間は来年4月から、大島と本土を結ぶ「大島架橋」が完成する2019年春までの最低2年間が条件。診療日数の相談に応じるほか、運営に対する行政支援も検討する。
 ホームページ(HP)に掲載するほか、東日本大震災で大島支援に入った病院などにPRする。大島には10月末時点で1057世帯2638人が暮らし、高齢化率は47.4%。連絡先は市健康増進課0226(21)1212。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月22日木曜日


先頭に戻る