宮城のニュース

<特殊詐欺>サイト利用名目で160万円被害

 岩沼署は21日、名取市の会社役員男性(59)が特殊詐欺で現金など160万円をだまし取られたと発表した。同署によると、男性が10月12日、スマートフォンでアダルトサイトを閲覧したところ、「登録されました」などと表示された。連絡先に電話するとキャンセル料の支払いを迫られ、11月23日まで数回にわたり、同市のコンビニのマルチメディア端末を利用するなどして支払った。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月22日木曜日


先頭に戻る