宮城のニュース

保育園に一足早くクリスマス

 クリスマスを前に、IT機器製造のNECプラットフォームズ白石事業所(宮城県白石市)は21日、市内の保育園8カ所に10万円相当の玩具や絵本を贈った。
 市南保育園であった贈呈式で、小菅信成白石事業所長は「一足早くクリスマスプレゼントを持ってきました。仲良く使って遊んでください」とあいさつし、園児の代表に三輪車を手渡した。約50人の園児たちは童謡の「雪」を元気よく歌い、「ありがとうございました」とお礼を述べた。
 プレゼントは白石事業所の従業員約640人が集めたアルミ缶の売却益で賄った。今年で10年目。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月23日金曜日


先頭に戻る