青森のニュース

<青森障害者暴行>元入所者 職員雇用の法人提訴

 青森市の知的障害者支援施設で2013年に起きた職員による暴行事件で、被害に遭った元入所者の男性(45)が21日までに、職員を雇用した同市の社会福祉法人に慰謝料など約660万円の損害賠償を求める訴えを青森地裁に起こした。
 訴状によると、男性は1995年に法人が運営する施設に入所した。施設内で元職員の40歳と27歳の男性に2013年11月、蹴られたり殴られたりした。12月に市内の病院に緊急搬送され、顎の骨やあばら骨が折れていると診断された。
 原告側は「日常的に暴行を受けていた可能性が高い。被害に遭って入院したのに、法人は事実関係の調査を行わなかった」と主張している。
 法人は「施設内で起きた以上、請求を受け入れ誠実に対応したい」と話した。元職員2人は14年8月、暴行罪で青森簡裁から罰金20万円の略式命令を受けた。


関連ページ: 青森 社会

2016年12月22日木曜日


先頭に戻る