岩手のニュース

<小岩井農場>白い牧場 銀河彩る

夜の牧場に輝く「光のキャンバス」。満開の一本桜や残雪の岩手山が浮かび上がる

 岩手県雫石町の小岩井農場まきば園で、約125万個の発光ダイオードが雪の牧場を彩る「小岩井ウインターイルミネーション 銀河農場の夜」が開かれている。来場者は無数のきらめきに包まれ、クリスマス気分を満喫した。
 岩手山など農場の四季を表現した高さ3メートル、横60メートルの「光のキャンバス」、シャンパンゴールドの銀河が輝く長さ40メートルの「光のトンネル」が幻想的な世界へといざなう。「銀河鉄道SL」ではD51の汽笛が鳴るたびに歓声が上がった。
 家族で訪れた大館市の会社員辻原満さん(34)は「どのイルミネーションも迫力がある。子どもがSLに大喜びだったので、来てよかった」と話した。
 来年1月3日まで。点灯は午後3〜8時。24、31日と最終日は午後9時までで、花火の打ち上げがある。入園料は中学生以上が800円、5歳以上が300円。連絡先はまきば園019(692)4321。


関連ページ: 岩手 社会

2016年12月22日木曜日


先頭に戻る