宮城のニュース

<福島沖地震>東松島 津波遡上高4m確認

 11月22日に起きた福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震による津波で、宮城県東松島市の大浜海水浴場では、津波が陸地の斜面をさかのぼって到達した高さ(遡上(そじょう)高)が4.0メートルに達していたことが22日、地震発生から1カ月に合わせた東北大災害科学国際研究所の報告会で明らかになった。
 サッパシー・アナワット准教授(津波工学)が、地元住民の情報提供に基づいて仙台湾周辺を調査。大浜海水浴場に隣接し、複数の小型漁船が転覆した大浜漁港で3.8メートル、月浜海水浴場で3.1メートルの遡上高をそれぞれ確認した。
 気象庁の観測による津波の高さは、最大で仙台港の1.4メートル。東京電力によると、福島第1原発では高さ1.6メートルの津波が到達していた。これらを局所的に上回った地点があった。
 津波を断層の長さと幅、ずれの大きさで解析した今村文彦所長(津波工学)によると、津波の第2波が福島県沿岸で反射して北上、仙台湾の中心域で増幅して高い波になったという。
 今村所長は「津波は後続波が大きくなる。これらを正しくシミュレーションしないと過小評価になる」と説明した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年12月23日金曜日


先頭に戻る