宮城のニュース

サッカーU−16国際大会 仙台で開催へ

 日本サッカー協会が主催するU−16(16歳以下)の国際大会「U−16インターナショナルドリームカップ」が来年6月14〜18日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台)で開催されることが22日、分かった。
 同大会は日本の育成年代の国際試合経験を高めるため、2015年に新設された。開催は15年の堺市と大阪市、今年6月の鳥取市に続き3回目となる。
 日本以外の参加国など詳細は今後公表される。過去2大会には、ともに海外3カ国が参加し、4チーム総当たりで対戦した。入場料は全試合無料だった。
 仙台市ではU−19やU−18が対象の「仙台カップ国際ユースサッカー大会」が03年から10年まで毎年開かれたが、東日本大震災の影響で事実上、終了した。
 奥山恵美子市長は「ユアスタ仙台が開設20周年の節目の年に、素晴らしい大会が開かれることを喜ばしく思う。次世代を担う若い選手が集い、世界トップレベルのプレーが繰り広げられることを期待する」との談話を出した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年12月23日金曜日


先頭に戻る