宮城のニュース

<成田山仙台分院>不動明王 巫女らすす払い

不動明王像のすすを払う巫女ら=成田山仙台分院

 成田山仙台分院(仙台市青葉区)で22日、不動明王像のすす払いがあった。巫女(みこ)ら約20人が高さ16.5メートルの不動明王像をササのほうきで掃き、布で拭いた。
 国分玲樹住職は「米大統領選でトランプ氏が勝利したり、イギリスがEU離脱を決めるなど極端なことが多い1年だった。落ち着いて新年を迎えるため、しっかりと払った」と話した。
 仙台分院は、初日の出の名所として知られる屋上を31日午後11時〜元旦午後4時に開放する。不動明王像は来年のえと、酉(とり)年生まれの守り本尊。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年12月23日金曜日


先頭に戻る